読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気に進化

心と体を元気に進化させる事を考えるブログ

辺野古移設工事が着工!

f:id:goux1588:20170207214407j:plain

辺野古移設工事を解説

沖縄県軍普天間飛行場を辺野古移設する沿岸での埋め立

て工事が2017年2月6日にとうとう着工(着手)した。


7日には大型コンクリートブロックがきれいな海に投下
されてしまいました。


辺野古移設工事を反対する県民の反発は頂点に達してい
ます。反対派と賛成派の思考を解説します。


反対運動の中、大型クレーン船がクレーンを伸ばしてひ
とつずつ投下していきます。


汚濁防止膜のアンカーの役割をする大型コンクリートブ
ロック228個のうち、28個が6日にはすでに大型台
船から大型クレーン船2隻に移し替えられていました。
一気に畳み込もうとする国側の必死さも伝わります。

 

辺野古移設工事、中立思考の沖縄人の目

 

辺野古移設工事は翁長県知事を筆頭に沖縄県全体が反対
しているように思われがちですが、賛成派もかなりいま
す。


僕の感覚では反対派と賛成派が6:4くらいだと見ていま
す。


地元沖縄で中立の考えを持つ僕のような人間は少数派で
しょう。


非常にデリケートな話題で、同じ職場や知人でさえもな
るべく触れないようにしています。


辺野古移設工事反対を公約に県知事当選した翁長氏の動
きは、最初は反対運動をかわすため為の演出かと予想し
ていましたが違いました。

国を相手に一歩も引かず真向勝負!

当然裁判は負けてしまいましたが、十分戦ったと思いま

す。

 

反対派の思考

海が汚れる

 辺野古の海には沢山のサンゴ礁やジュゴンなど希少
 な生物が多く存在していて、辺野古移設工事での影
 響は計り知れません

米軍による事件が多発
・騒音
・オスプレイやヘリの墜落

 

賛成派の思考

・普天間飛行場から辺野古移設する事で住宅密集地か

 ら沿岸という形になり、万が一の墜落被害が最小限
 になる

・沖縄県全体が潤う
 もし沖縄から本当に基地がなくなれば沖縄は大不況
 になるでしょう

・中国からの攻撃
 中国が海域を超えて船が侵入してくるという事件は
 多発していて、メディアでも報道されています。


 さらに沖縄でさえも報道されてない事ですが、中国
 の軍用機が侵入してくる事件も発生していて、その
 都度米軍が追い返してくれているそうです

 

辺野古移設工事は止まらない

 

昨年から今年にかけて米軍による重大事件が多発して
います。


翁長県知事も一貫して辺野古移設工事を阻止する考え
ですがこうなるともう止まらないでしょう。
5月には土砂投入が開始されると予想されています。

 

おススメ記事▼

スキミング防止と携帯決済の成り済ましの手口を知る 

【星野源の病気】パニック障害はこんなに怖い! 

【SMAP解散の真相最新情報】週刊文春が一連の騒動を暴露! 

【ほっしゃんの病気】精神異常を宮川がすべらない話で語る 

陽岱鋼の嫁へのプロポーズがやばい!