元気に進化

心と体を元気に進化させる事を考えるブログ

【猫の病気】猫が病気で吐く時の見分け方

スポンサードリンク

f:id:goux1588:20170528201005j:plain

最近のペットブームと相まって、自宅でペットを
飼う人が増えています。


ペットと言えば犬と猫が多いですが、猫の人気は
とても高くなっています。


しかし猫は吐くことがありますので、その状態に
気を付けて病気かどうか見分ける必要があります。

 

ネコが吐く原因について

 

自宅でネコを飼っている人は、毛玉に注意してお
きましょう。


ネコはよく毛繕いをしますが、その際に飲み込ん
だ毛玉を嘔吐する習性を持っています。


これは猫の特徴ですが、この毛玉以外にも嘔吐す
ることがありますので気を付ける必要があります。


なぜかと言うと病気である可能性もありますので、
嘔吐が続くようであれば早めに動物病院で診察を
受けるようにしてください。


ネコが嘔吐した時は、その状態把握が大切です。
もともと毛玉を嘔吐する習性は普通にありますの
で、そう心配する必要はありません。


症状の調べ方ですが、毛玉を嘔吐した後に少量の
エサを与えてみると分かりやすいです。


食欲があり、その後に大きな嘔吐がなければ、
まず問題ないと見て構いません。


しかし少しでもエサを食べなかったり、食べたと
してもすぐに嘔吐したりするような場合は、何ら
かの病気の可能性が高く、早急の診察が必要です。


また嘔吐した物に血や泡、あるいは黄色い液体が
混ざっている場合も病気の可能性が高いです。


それ以外にも何か気になる点があれば、
一度獣医さんに相談してみると良いでしょう。

 

対策について

 

ネコによって毛玉を吐く頻度は変わってきますが、
対策としては与えるエサに注目してください。


例えば、日頃から栄養補助食品を与えたり、
換毛期の時期に合わせて集中的に与えたりするの
も一つの方法と言えます。


その他に、定期的なブラッシングも有効です。
猫専用のブラシを使用して、余分な毛を取り除い
てあげてください。


その中には、過剰なストレスが原因で毛繕いをす
る猫もいますので、できればストレスの原因も
一緒に除去してあげると良いでしょう。


この場合、一緒に遊んであげるとストレス解消の
効果を期待できます。


また、ブラッシングを嫌うネコもいますが、最適
な方法は子猫の時からしっかり慣れさせることで
す。


もちろん大人でも構いませんが、その時は少しで
も嫌がったらすぐに止めてください。


慌てないで、徐々に慣らしてあげることが大切で
す。


じっくりと長期的に行うと効果を期待できますの
で、愛猫の様子を見ながら行いましょう。


猫を飼っている人の中には、嘔吐が気になる人も
いると思います。


毛繕いが大きな原因と言われていますが、病気で
吐くこともありますので、心配な方は動物病院の
診察を受けることをおすすめします。


また病気以外の嘔吐防止策として、日頃からの
ブラッシングを心がけると良いでしょう。