元気に進化

心と体を元気に進化させる事を考えるブログ

寝起きにめまいや吐き気が起こる原因

スポンサードリンク

f:id:goux1588:20170521182408j:plain

寝起きはいつも調子が悪い、という方もいると思い
ます。


様々な症状がありますが、例えば朝起きた時に、
めまいや吐き気を感じる人もいるようです。


この場合、まずは原因を追求することから始めてみ
ると良いでしょう。

 

自律神経失調症の場合

 

寝起きに吐き気やめまいがある方は、
自律神経失調症が原因である場合があります。


自律神経失調症は、ストレスが要因で発症する病気
として知られています。


朝起きて、クラクラするようなめまいを生じやすい
のが特徴です。


立ちくらみのような感じの症状や、酷い時は吐き気
をもよおすこともあります。


過剰なストレスが蓄積されていくことで、血流が
低下したり脳機能が低下したりして、様々な症状を
発してしまいます。


めまいや吐き気以外にも、耳鳴りなどを生じること
がありますので気をつけてください。


ストレスが溜まりすぎると、その他にも不眠、頭痛
、冷え性、生理痛、目の乾き、食欲不振などを訴え
る人もいるようです。


朝起きて体調がすぐれない時は、この
自律神経失調症を疑ってみる必要があります。


体調が悪い時は我慢せずに、整形外科や耳鼻科など
専門医の治療を受けるのが一番です。


早めに相談して、適切な治療を受けましょう。

 

メニエール病の場合

 

寝起きにめまいや吐き気などの症状がある時は、
メニエール病の可能性もあります。


メニエール病というのは、30~50代の女性に多い
病気の一つです。


回転性めまい、耳鳴り、難聴、耳閉感、吐き気、
嘔吐といった症状があります。


メニエール病の原因は今のところはまだ解明されて
いませんが、これらの症状は内耳にできる
リンパ水腫が原因とされています。


症状は短い時は数十秒程度で終わりますが、長い
場合は何時間も続くことがあります。


また、その日によって状態が変わることも多いです。


特に感じない時もあれば激しい状態の時もあります
ので、症状をしっかり確認しておく必要があります。


朝起きた時に症状がピークに達することも多いので
、仕事などにも支障をきたすことがあります。


現在はストレス社会とも言われていますので、
ストレスを受けない工夫も必要なのかもしれません。


症状が強い方は、早めに専門医に相談してみると
良いでしょう。


寝起きにめまいや吐き気などの症状がある方は、
まずはその原因を特定することが大切です。


原因としては、自律神経失調症やメニエール病など
が考えられますが、その他の病気の可能性もありま
す。


朝起きた時に体調がすぐれない時は、早めに専門医
の診察を受けることをおすすめします。

 

関連記事▼

寝起きがだるい原因を知って明日から快適に!